HOME> 新着情報> 改正貸金業法完全施行まで、あと1ヶ月!

新着情報

改正貸金業法完全施行まで、あと1ヶ月!

改正貸金業法は、多重債務者の増加による多重債務問題の深刻な社会問題化を背景に2006年に成立し、段階的に施行されてきたました。

そして、遂に1ヶ月後の6月18日、改正貸金業法が完全施行されます。

改正貸金業法完全施行に際し、必ず知っておかなければならないポイントの1つとして、年収の3分の1を越える新規借入ができなくなるという、いわゆる「総量規制」の導入があげられます。

例えば、年収の300万円の方が貸金業者に100万円以上借りているような場合は、新規借入ができなくなるということです。

総量規制の対象となる借入とは消費者金融からの個人の借入やクレジットカードによるキャッシングなどです。銀行・信用金庫・組合・農協等からの借入は対象外とされています。また、住宅ローン、自動車ローン、高額医療の借入は総量規制の適用を除外されており、規制を越えても借り入れることができます。

現在年収の3分の1を越える借入をしていても、その超過している分をすぐに返済しなければならないということはありませんが、ある消費者金融からお金を借り、別の消費者金融に返済するといった自転車操業はできなくなり、遠くない将来に返済が滞り、破綻してしまうといったケースも今後増えてくるのではないでしょうか。

総量規制に抵触し新規借入をすることができず、違法なヤミ金に手を出す人が増えるのではないかという懸念もあることは事実ですが、改正貸金業法の完全施行は、適正な金融社会の実現に向けての一歩となることでしょう。

今回の完全施行では、総量規制のほか、いわゆるグレーゾーン金利が廃止されます。

改正貸金業法完全施行目前、多重債務問題でお困りの方は是非お近くの弁護士・司法書士・各種相談窓口へご相談下さい。

ヤミ金に相談しても借金問題は解決しません! 相談は専門家に。

TOPへ

ARCHIVES

ARCHIVES
プロフィール