HOME> BLOG

BLOG

プロフィール
2010.04.14

新米司法書士の仕事 in 新潟大学

13日午後から、新潟大学に行ってきました。

というのも、新潟県司法書士会と新潟大学のコラボレーションにより、前期15回にわたり「司法書士と法」ということで講義が開講されるとのこと。その記念すべき第1回目の講義の講師を務める先生より最近の合格者の体験談を語って欲しいとのお話をいただき、僭越ながら少ししゃべらさせていただくことになりました。

あいにくの雨。はじめての新潟大学。そして久しぶりのキャンパスライフ!?一応、非常勤講師としての肩書き。鼓動は高鳴るばかり。。

気持ちを落ち着かせて臨んだんですが・・・・・

緊張。緊張。ど緊張。

案の定、人見知り芸人なのでうまくしゃべれず。だいぶすべっていたと思います。

1時間半の講義の最後30分くらいを使って、講師である大先輩の司法書士の先生が話しを私と女性の司法書士のふたりに振って、答えるという形式だったので、なんとかもちました(汗)

真剣な眼差しの学生さんたちが多く、職業の選択肢の1つとして司法書士への関心の高さを感じました。

司法書士試験の合格自体簡単ではありませんが、やはり現実の事務所経営も大変で、収入も安定しません。

ただ1ついえるのは、司法書士という職業は間違いなくやりがいのある仕事だということ。

残り14回の講義にも多くの学生さんが出席されて、1人でも多くの学生さんに司法書士という仕事に興味を持っていただけたらうれしいです。

この講義で司法書士について興味をもっていただけた方のため、司法書士の現実をもっと詳しく聞きたい、受験について聞きたい等相談も受け付けることにします。予備校ではないんであくまでもひとりの司法書士としての個人的見解になってしまいますが。

お気軽にメールでご相談下さい。