HOME> BLOG

BLOG

プロフィール
2010.03.22

相続ベース エピソード1?相続の始まり?

人が亡くなるとその方が生前所有していた財産、法律上の地位等は、他の個人に承継されます。

人の死亡を契機に財産・権利・義務の承継が始まる、それが相続です。

亡くなられた方を被相続人、被相続人の財産等、権利義務を承継する方を相続人といいます。

では、誰が相続人となれるのかというと↓?

?配偶者 ?子 ?直系尊属(親や祖父のこと) ?兄弟姉妹 です。

では、どの順番でどのくらいの割合で財産承継ができる権利があるのかというと↓

第1順位  配偶者 2分の1  /  子 2分の1

第2順位  配偶者 3分の2  / 直系尊属 3分の1

第3順位  配偶者 4分の3  / 兄弟姉妹 4分の1

あくまでもこれは法律に定める相続分ですので、これと違う割合で財産を分けることもできます。

たしかに、法律の規定に従って財産を分ければ平等かもしれません。

ただそれで相続人全員が納得いくカタチで財産を分けることができるでしょうか?

そのために相続発生後、相続人間で行うのが、「遺産分割協議」です。

実際はこの遺産分割協議を行い遺産を分けることが一般的です。

当事者全員が納得いくカタチで遺産分割協議をすれば後日の紛争も防げるでしょう。

遺産分割協議の他に、法定相続分の規定に従わないで相続できる場合として、「遺言」が残されているケースがあります。

被相続人となるものが、相続発生前、つまり生前に自己の財産につき、死後の財産承継について法律の要件を満たした上で、自分の意見を明示しておくことです。

被相続人の「遺言」という最後の意思表示は最大限に尊重されるべきものとなり、相続手続きにおいて、遺された者たちへの大切な羅針盤となります。

そのため、近年遺言の重要性が声高に叫ばれるようになっています。

遺言についての詳細は後日、記載させていただきます。

相続についての法律・手続きの流れ等をしっかり理解し、価値ある相続の実現を目指しましょう!!

つづく