HOME> 債務整理

債務整理

債務整理とは

債務整理の種類

 債務整理という言葉を聞くとネガティブなイメージを持つ方が大勢いらっしゃるようです。
 債務整理とは、法的に債務(借金)を整理することで、債務整理は生活を再建するための前向きな手続きであり、決してネガティブなものではありません。
 債務整理の手続きは時間がかかりますが、債権調査期間中はひとまず借金の支払いの請求がストップします。期間中は自分の人生を見直すロングバケーションだと思ってください。
 借金でお悩みなら早期に債務整理により借金問題を解決しましょう。
 ひとに相談することは恥ずかしくありません。人は1人では生きていけません。自分でできないことや困ったときは誰かの力を借りましょう。
 当事務所では、お客様の生活再建のため、お悩み、ご要望等をお聞きし、お客様にとって最善の解決方法をご提案致します。借金の相談についてはすべて無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。

債務整理の種類

任意整理・特定調停

 任意整理とは、司法書士、弁護士が介入して債権者と交渉して債務額を減額し、その減額した額を分割あるいは一括弁済するという解決方法です。任意整理の手続きは裁判所を通さず、依頼を受けた司法書士、弁護士が債権者と直接交渉するので、他の手続きに比べ他人に知られる可能性が低く、また保証人が付いている債務を手続きから除くことができたりと柔軟に対応することができます。ただ、あくまでも生活の再建をすることが債務整理手続きの目的であって、家族に知られたくない、保証人がいるから等の理由のみをもって安易に任意整理手続きをとることはおすすめいたしません。
利息制限法によって引き直した債務を、債務者の収入等を考慮して、3年(場合によっては5年)で返済できる見込みがあるこ とが、任意整理を選択する基準となります。
 特定調停とは裁判所の調停委員が債権者との間に入って債務額の確定、支払方法の変更について話し合う手続きです。裁判所介入による任意整理だとイメージしてください。ただ、裁判所が間に入っているため、調停後に作成される調停調書は確定判決と同じ効力をもち、支払いが滞ると債権者は訴訟を提起することなく、給料等の差し押さえの手続きをすることができてしまいます。

過払い金返還請求

 過払い金とは、消費者金融などに支払い過ぎたお金のことです。 過去に利息制限法で定められた利率を超えた利息の支払いをしていると、消費者金融、信販会社(クレジットカード会社)にお金を返し過 ぎています。この払い過ぎたお金を返すよう、消費者金融等に請求することを、「過払い金返還請求」と言います。
 過去、お金を一度でも借りたことがあり、完済されている方は利息の払い過ぎで過払い金が発生している可能性があります。完済後10年以内であれば過払い金の返還請求はできます。
 当事務所では、ご自身で過払い金返還請求を行いたい方のためのサポートパックも用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

個人民事再生

 個人民事再生は、将来において継続的に又は反復して収入が見込める方を対象に、借金の大部分を免除してもらい、残った部分を分割で返済していくという解決方法です。
 通常は借金を5分の1か100万円の多い方の額まで減額し、その額を原則3年で返済します。
 この制度の1番の特徴は住宅ローンを利用している人でも、マイホームを守りながら債務整理手続きができるという点です。また、免責不許可事由があって破産が難しい方や職業制限があって破産ができない方にも個人民事再生の手続きをとるメリットはあります。
 個人民事再生手続きの利用にあたっては、申立要件があり、実際の手続きもかなり複雑で他の手続きに比べ、ご自身で手続きを行うことは難しいかと思いますので、お考えの方は専門家にご相談ください。

自己破産

 自己破産とは、多額の借金を抱えその支払いができない人が破産手続き開始及び免責の申立てをし、破産手続きの開始決定を受けた時点での自分のもっている財産(生活に必要なものは除く)をすべて失う代わりに、すべての借金の支払い義務を免除(免責)することによって経済的更生を図る制度です。
 破産手続きの開始決定を受けることは、公にこの人は借金が払えませんと認められることで、免責の許可決定を受けることは法的に借金の支払い義務の免除を受けることです。
 程度の問題にはなりますが、ギャンブルや浪費のみでつくった借金の場合はこの免責の許可決定を受ける際の障害となり、最悪破産をしても、法的に借金の支払い義務を免除されない可能性もあります。
 破産について多くの誤解をされている方がたくさんいらっしゃるようですが、選挙権が失われるということもないし、戸籍や住民票に記載されるわけでもありません。ただ、自己破産をすると、公法上及び私法上の資格制限を受け、一定の職業に就けなくなる場合がありますが、免責決定が確定すればこのような資格制限はなくなります。

債務整理の流れ

債務整理の流れ

債務整理の費用

種 類 報    酬
任意整理 基本報酬:1社/2万円
※当事務所では減額報酬はいただいておりません。
過払い金返還請求 基本報酬:1社/2万円 成功報酬:過払い金として返還を受けたものの20%
※過払い金返還額が5万円未満の場合成功報酬はいただきません。
個人民事再生 住宅ローン特則なしの場合: 債権者10社まで 25万円 (債権者11社? 30万円)
住宅ローン特則ありの場合: 債権者10社まで 30万円 (債権者11社? 35万円)
自己破産 債権者10社まで 20万円 (債権者11社?25万円)

注意事項

? すべての手続きにおいて、着手金(原則:1社1万円?)が必要となります。着手金については依頼者様の状況に合わせて、0円から数千円スタートも可能ですので、お気軽にご相談ください。
? 債務務整理の手続きには上記報酬の他、破産において破産管財人が選任された場合の費用、個人民事再生において個人再生委員が選任された場合の費用、交通費(遠方の場合)・通信費(切手代)・予納金・収入印紙代、消費税等がかかります。

 債務整理の手続きにかかる全体の費用はケースによって異なりますので、受任契約締結時に必ず説明させていただきます。
 なお、報酬につきましては依頼者様の経済的更正を最優先に考え、その資力等に鑑み金額、支払時期、支払方法等を考慮いたしますので、お気軽にご相談ください。

TOPへ

CONTENTS MENU

プロフィール