HOME> その他業務

その他業務

 司法書士を自分で選んでいますか??
 会社の設立、土地の購入、住宅の建築、住宅ローンの借入れ・完済、不動産の相続等人生の節目には我々司法書士が関与する手続きがあります。その時、大切な手続きを任される司法書士をあなたは自分で選んでいますか?
 料金やサービスのクオリティはもちろんのこと、職業倫理感すら司法書士によってさまざまに異なってきます。
 また、身近な法律家であるはずなのに「顔を見たことがない」なんてことありませんか?
 当事務所では「顔の見える司法書士」を合言葉に適切なリーガルサービスを適正な価格で提供することをモットーとしております。
 業務を通じて多くの方に出会い、より多くの方に司法書士が身近な法律家として皆様のまわりに存在することを認知してもらえると幸いです。

会社登記

会社登記

 新会社法が施行され起業・会社設立がより身近になり、また、より会社の自由な機関設計が可能となりました。
会社は、設立登記の完了をもって成立しますので、設立当初から登記と密接な関係があります。
 会社に登記が求められるのは、国が管理する登記簿で会社の状態を公示し、取引の安全を保つためです。「登記なんて面倒臭い」とお考えの経営者は多くいらっしゃいますが、コンプライアンスの重要性が叫ばれる昨今、会社にとって社会的な信用を得るためには非常に重要なことです。厳しい法令や登記に限らず多岐にわたる規則・規範を遵守し社会に貢献する企業こそ真に発展していくものだと私は考えております。
 単純な役員変更登記のみならず、組織再編・事業承継問題・企業法務等を通じて地元地域の中小企業の皆様をサポートできればと思っています。
 なお、当事務所では、商業・法人登記につきオンライン申請に対応しておりますので、一部手続きにおける減税措置、また、設立時、法務省オンラインシステムによる定款の電子認証を行うことによって、 定款に貼る4万円の印紙代の節約を図ることができます。

 株式会社に限らず、合同会社(LLC)等持分会社、有限責任事業組合(LLP)、各種法人登記等についても受付けておりますので、気軽にご相談ください。

不動産登記

不動産登記

 大切な財産である不動産(土地・建物)に関する所有者としての名義や、銀行などからお金を借りた際に担保に差し入れたことは不動産登記制度によって広く一般に示すことができます。
 この土地の所有者が誰だとか、この建物は1000万円の抵当に入っているとか目には見えない権利を文字として国が管理する登記簿に記録することによって可視化し、不動産取引を安全・円滑に進めることができます。
 土地や建物を購入したとき、建物を新築したとき、住宅ローンを借りたとき、不動産を相続したときなどに不動産登記が必要になってきます。 我々、司法書士は「代書人」と呼ばれた時代から登記制度に対する信頼性を高め、不動産の安全・円滑な取引に寄与することにより、国民の権利保全のため尽くしてきました。
 不動産名義の変更等の申請には正確性と専門的知識性が必要とされるので、登記に関する手続の専門家である司法書士に依頼されることをお勧めします。
 また、大切な財産についての手続きのため、信頼のできる司法書士を自ら選び、依頼されてみてはいかがでしょうか。

 当事務所では、不動産登記につきオンライン申請に対応しておりますので、一部手続きにおける減税措置を受けることができます。

成年後見

成年後見

 近年、成年後見制度が注目を浴びています。 この成年後見制度とは、判断能力の不十分な成年者(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等)を家庭裁判所監督の下、法的に保護・支援するための制度です。
 判断能力が不十分な成年者にとって、自分の財産管理をすることは容易ではなく、そのような方々を狙う悪徳業者の被害にあう恐れもあります。そのため、 本人の希望を尊重し,本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら,必要な代理行為を行い,本人の財産を適正に管理していく成年後見人を家庭裁判所より選任し、判断能力の不十分な方々をサポートしていくしくみです。
 当事務所では成年後見制度をご利用になりたい方へ申立に必要な書類の収集・作成、成年後見人に就任された方へのバックアップ等のサービスを提供しています。

日常生活のトラブル

日常生活のトラブル

 日常生活の中で、思いがけなく見舞われる多くのトラブル。
  「我慢しよう」とか「仕方がないから・・・」と諦めていませんか?
  「悪徳商法にだまされた」、「納得のいかない契約を解約したい」、「敷金を返して欲しい」等。
 簡易裁判所の管轄に属する事件(訴訟の目的の価額が140万円以内)については認定司法書士が弁論活動を行う等、訴訟の代理をすることができます。訴訟の目的の価額が140万円以内という制限があり、弁護士に比べたら広範な代理権はありませんが、司法書士だからできることがきっとあると思います。
 当事務所では依頼者様と同じ目線に立ち、問題解決へのお手伝いをさせていただきます。
 メールでのお問い合わせも受付けておりますので、気軽にご相談ください。

TOPへ

CONTENTS MENU

プロフィール